>  > 研修で壁にぶち当たったから…

研修で壁にぶち当たったから…

研修で壁に当たることはよくあるんです。研修という名前ですが新技術の確認のようなものです。その場でのセンスも求められるだけに、決して簡単ではないってことは自分でもよく分かっているんですけど想像以上に難しいんですよね。それで時には壁にぶち当たってしまって何とも言えない気持ちになるような時もあるんですけど、そんな時には風俗に行って女の子に慰めてもらうようにしているんですよね。そうすることで問題の大半は解決されるような気がするんですよ。それもあって自分にとって風俗はとても貴重です。研修では分からないこともたくさんあります。上司側としても褒めるための場所ではなく、いろんなことを想定したものなのでこちらを困らせるかのようなことをするのも分からなくはないんです。むしろミスはお客の前よりも研修中にしておいた方が良いんです。そうは分かっていても困るので、そんな時は風俗に行って悔しさを女の子の体にぶつけてきます(笑)

見るべき部分が分かって来た

風俗で女の子のどの部分を見るべきなのか、何となくではありますが見えてきたような気がするんですよね。それまではあまり意識していなかったと思うんです。別に相手をそのまま受け入れて楽しむというか。おっぱいが大きいなとかスタイルが良いなってことは頭で思っても、そこまであれこれ思うようなものではありませんでした。でも最近風俗嬢のとある部分が、実はその子のポテンシャルだったり意識だったり全てを表しているんじゃないかなって思う部分を見つけたんです。それはお尻なんです。いわゆるヒップラインが綺麗な風俗嬢は大抵当たりかなと(笑)まだまだ自分調べなので確証がある訳ではないんですけど、シャワーを浴びている時に綺麗なお尻をしている女の子だなって思う子は、サービスも良いんですよね。お尻と風俗嬢としてのサービスに関連性があるかなんて自分でもよく分かりません。ただ、お尻が綺麗ってことはそれだけ美意識が高いって事も言えますよね。

[ 2017-02-21 ]

カテゴリ: 風俗体験談